たにずきブログ

たにとずきのブログです。ときどき、ずきちゃんに意見を求めています。趣味のカメラとニャンコとゲームと漫画の話です。

なれそめ

広告

なれそめです。

一度普通にインスタに投稿していたんですが、(なんか恥ずかしいし)、見たい人だけが見れるしブログでいっか~~!

ってことで、ブログに移行(?)です。

比較的見やすくギュっとまとめました。

 

 

f:id:zuki_zuki:20181122185311p:plain


以前のを見てくださった方はご存知かと思うんですが、私達2人の出会いはいわゆる「オフ会」でした。

3年前、共通のツ○ッターのフォロワーさんが誘ってくれたのがきっけです。

f:id:zuki_zuki:20181122185307p:plain

オフ会専用のDMに招待→参加者同士で繋がる、というのでたにとも知り合ったんですが、冗談とか趣味を軽く話す程度で、ほんっと特別仲が良くなったわけではなくて。笑

そのまんま当日を迎えたんですが、特に当日も絡みがあった~~とかもなく。

他の人を交えて会話する、とかそれくらい。

 

そして、もうそろ終わるかな~~って時間の時に複数人体調不良を訴える人が出始めて。

私もそのうちの一人でした。

今になってもその理由は分かってません…ほんと何だったんだろ

 

で、まあとりあえずオフ会はお開きになったんですが、帰りをどうしよう?と。

自力で帰れる人は良いんですが、そうじゃない人。

このまま帰すのは不安だよね、ということで参加者の車で送ることになったんです。

その時に、わたしに声をかけてくれたのがたにでした。

(えっ…優しい~~~~!!初対面のクソガキ相手に~~~!!)

って無い内心思ってました。めちゃくちゃ失礼ですね。

あの時はごめんねたに。

それでなんで声をかけてくれたのかというと、

f:id:zuki_zuki:20181122185226p:plain

地元が一緒!!!???!!???!?!

でした。驚きです。

オフ会場所(札幌)は私の地元からは特急電車で2時間以上もある距離なのに。

偶然、オフ会で、遠く離れた札幌で、知り合った人が、同じ地元。

えっ・・・すご・・・・って素直に感じました。

特にこのときお互い意識はしてなかったので残念ながら、運命・・・?トゥンク ではなく。笑

しかも後々に掘り下げて聞くと、私の実家からおばあちゃんの家が徒歩5分ほど。

むしろおばあちゃん同士知り合いでした。

今思えばめちゃくちゃ運命感じる瞬間ですよね~~~~~~~凄い。

 

それで、その帰りの車内でも私の体調が落ち着いた頃に色々話して。

それをきっかけに、ぐ~んと仲良くなりました。

そんなオフ会の後も参加者さんたちとは交流は続いていて、4人くらいで映画に行こう!という話になったんですね。

当時デッ○プールが公開されたばかりだったのでそれに。

なのに、なのに、

f:id:zuki_zuki:20181122185246p:plain

ですよ。

え、まじ?ほんとに?仮病じゃなく??って流石に思いますよね。

2人同時まじ??????????って。

聞いたらほんとにほんとで。

結局、2人で行きました。

結果めちゃくちゃ楽しんで帰ってきました!笑

前回車内で喋ってるし、趣味が同じだから話題も欠かないし。

で、このあとから2人で遊ぶことが増えました。お祭りとか、買い物とか。

これぐらいからたには「良い子だなー」って、なんとなくそういう意味での好意を持ってくれていたらしいです。

 

何回めかの2人で遊んだ時、たにが誘ってくれて動物園に行きました。

流石に私もこの時は好意を持ってました。

その帰りに、電車まで時間があったため喫茶店へ。

そこでしばらくなんでもない話をした後、沈黙ののち、

「付き合ってくれたりしますか・・・?」

と、たにが告白をしてくれました。キャ~~~~!!!!!

私の気持ちにも気付いていたようで、こういう言い方になったんだそう。

おもしろくて、たまにそのフレーズでイジります。笑

それからお付き合いを初めて今年で3年です。

3年ちょうどの記念日に入籍いたしました。

 

 

という感じです!!!!!

でもまさか、あの時は結婚するなんて思ってもみなかったな~~~~~

専門に行っていたと言っても当時まだ18でしたしね。

 

 

✧オフ会に参加したら将来の旦那様と出会った✧

みたいな話でした。(大げさですが)

最後まで読んでいただきありがとうございました(っ˘ω˘c )♡